最新記事

夏になると、季節の便りとして暑中見舞いを知人に送ることがあります。
旧知の友人や恩師に対してその安否を気遣う便りとも言われています。
この季節の便りは、夏の時期の送るものですが、送る時期にはちょっとしたマナーが必要です。
単に気候が暑くなったので暑中見舞いを送るということではなく、送る時期に緩やかながら決まりがあります。
通常の挨拶状は、立秋前の18日間とされています。
この時期を過ぎて送る挨拶状は残暑見舞いとなります。
この違いは正確に覚えておくと良いでしょう。
そして、残暑見舞いの方は、8月末までに先方に届くよう投函することです。
9月に入ってからの残暑見舞いは、いくら暑さが残っていても時季外れとなっているのです。
季節の挨拶状は定められた期間内に投函したいところです。
夏の挨拶状を送るのであれば、なるべく暑中見舞いを送って、先方からは残暑見舞いの返事が返ってくるような間隔が、ちょうど良いかもしれません。

ビジネスホンの新規導入をお考えなら

人気のジムはコチラをチェック
東京で効果てきめんのパーソナルジム

ビルメンテナンス・清掃なら株式会社ベル(大阪・東京)
慣習にとらわれず、常に最善の技術を提供するビルメンテナンス。プロだからこその徹底的なサービスで高い評判を得ています。

関連記事

  • 暑中見舞いは、季節の御挨拶状で、年賀状が冬の行事とすると、夏の風物詩とも言える行事の1つです。

    詳細はコチラ

  • 暑中見舞いは、梅雨が明けた初夏から残暑の残る9月初旬までの間に送る季節の挨拶状です。
    年賀状と …

    詳細はコチラ

  • 夏になると季節の便りとして書く暑中見舞い。
    私たちにとって身近なものです。
    ですが、マナ …

    詳細はコチラ