最新記事

夏になると季節の便りとして書く暑中見舞い。
私たちにとって身近なものです。
ですが、マナーについてはご存じでしょうか。
まず、書く時期ですが一般的に梅雨あけから立秋(8月7日)ころまでとされています。
立秋から処暑の間に出す場合は、残暑見舞いとして書きましょう。
次に、出す相手ですが年賀状と違って喪中の相手に書いても失礼にはあたりません。
なぜなら、あくまでも季節の挨拶だからです。
また、官製はがきで構いません。
夏らしい、かき氷やスイカなどの可愛いイラストが入ったものが時期になると売られるので、そういったものに書くと良いでしょう。
一般的な文章の構成としては、暑中見舞い申し上げますの挨拶文、時効の挨拶、書いてる人の近況の報告、相手のことを気遣う文章、そして最後に書いた日の日付の順に書きます。
友人や親しい相手に書く場合は、もう少し崩して書いても良いでしょう。
日本固有の季節の挨拶である暑中見舞い、マナーを守って書くとより一層良いものとなるでしょう。